住所:〒151-0063 東京都渋谷区富ヶ谷 1-3-12 サンシティ富ヶ谷4階 電話:03-6804-7923
サンプル

メッセージ

店主の佐藤幸二です。

「マル・デ・クリスチアノ」はクリスチアノの3店舗目になります。グループとしてはタイ料理パッポンキッチンの次なので4店舗目。

オープンするきっかけは開店1年半前。魚の資源管理についての記事を目にすることがあり、魚への興味が次第に大きくなってきたことがはじまりです。はじめは、クリスチアノの2号店として、受け皿として、近所で新店舗を作ろうくらいにしか考えていませんでしたが、NPO「海のくに・日本」(ウーマンズフォーラム魚)の白石さんと出会い、魚食文化のお話をしたのが魚のお店をやろう、と決断するきっかけになりました。

白石さんは1993 年から日本の海の魚やくじらのことが気になり、真剣に勉強を初め実態を知ることになり、それからは、「魚食文化」という言葉とともに、「とにかく、海に囲まれている日本の人はもっとお魚をたべましょう。」と22 年間も語ってきた人です。魚を食べてもらいたいといろいろ活動している人に出会い、自分には何ができるか考え、そしてマルデクリスチアノが出来上がりました。

ポルトガルは魚食文化のある国です。レシピもたくさんあります。もちろん、ポルトガル語のレシピしかないのですが、勉強のするやり甲斐もありますし。

それで、マルデクリスチアノになりました。たくさんの漁港の人に助けてもらい、日本に魚がたくさんいること、3,000 種類ですからね、たくさんの人に知っていただき、皆が知らない、捨ててるような魚も一杯いるので、飲食店の人は食べに来て、覚えていただき、ご自分のお店でもそんな美味しい魚を利用していただきたいと思うのです。

イタリア料理やフランス料理は勿論、インド料理とか、タイ料理とか、イギリス料理だとか、アフリカ料理だとか。

美味しい魚で美味しいいろいろな国々の料理が日本中で食べられるようになって、そして僕はそんなお店に食べに行きたい。

そうなったら、嬉しいと思うのです。

2017年11月15日

Cristiano's(クリスチアノ) 店主 佐藤幸二

※「パン」「カステラ」「天ぷら」などが有名ですが、詳しくは下記をご覧ください。
社団法人日本ポルトガル協会 http://www.nippokyokai.org

ページトップへ

『マル・デ・クリスチアノ』とは?

ポルトガルのセルベジャリアをイメージした、シーフード中心の『ビストロ』です。
国の半分が海に面した、ポルトガルの魚料理。
ポルトガルが日本料理と類似した部分に、「魚とご飯が中心の食卓」ということがあります。
それは国の半分が海に面していることが大きく影響しています。ポルトガル中部に位置する「ナザレ」という町では、日本の海岸沿いの光景のように、アジの干物がずらりと並んだ風景がみられます。
しかし、醤油や味噌のような発酵調味料は使わず、生ハムやソーセージにも似た発酵技術を駆使した調味料や、オリーブオイルや西洋野菜との組み合わせで、日本では見たことのない料理がみられるのが特徴です。「近い食卓感を持つ」ポルトガル料理の文化が、「遠い日本」のレストランで味わえたら、そんな料理に出逢えたら、東京でレストランする楽しみが増えるのかなと考えて、「マル・デ・クリスチアノ」を作ることにしました。
「マル・デ・クリスチアノ」は、ポルトガルの楽しいシーフードレストラン。『シーフード』ですが、お肉料理もたくさんあります。ガーリックトーストと生ハムでビールを飲み、炭火で焼く魚の塩焼きや海老の串焼き、日本でも知られる定番料理の南蛮漬けやてんぷらも楽しめます。野菜のメニューも充実し、クリスチアノ定番料理もお楽しみいただけます。

ページトップへ

ポルトガル料理とは?

『家庭的』で『素朴』。日本人に馴染みのある西洋料理
〜ポルトガル料理〜と聞くと、あまりピンと来ない方も多いと思いますが、日本には長崎から伝わった沢山のポルトガル料理があります。カステラや天麩羅、炊き込みご飯や錦糸卵、最近ではエッグタルトや半熟カステラなどがようやく知名度が出てきました。。
実はもともと日本で食べられ始めた欧州料理はポルトガル料理が多く、日本で認知されてきたイタリア家庭料理もポルトガル料理に通じるものが多くあります。
ではポルトガル料理とは?と聞かれれば、

  • お米、豆、野菜、干し鱈、魚介を良く使う。
  • ヨーロッパでは珍しく、お魚を塩焼きで食べる。(有名なのはイワシの塩焼き。付け合せは素朴なサラダ。)
  • 家庭料理。なのでお母さんの味。体にやさしい味わい。
  • 野菜料理が多い。他のヨーロッパ国より野菜を多く使う。
  • お菓子が、素朴。
近年では日本でも馴染みのある食材になった香菜(シャンツァイ、パクチーとも言います。)もポルトガルから中国、カンボジア、タイに持ち込まれたものと聞いたことがあります。
日本人の口に合いやすい味わいで、家庭的で素朴な西洋料理、これがポルトガル料理です。

ページトップへ

バカリャウ(干し鱈)について。

クリスチアノ同様、マルデクリスチアノも、365種類のバカリャウ料理を目指し、自家製バカリャウを一緒に作っています。
ポルトガル料理に欠かせない食材と言えば、『バカリャウ(干し鱈)』が代表的です。
たっぷりと 独特の方法で塩を刷り込んで、じっくりと干して乾燥させながら熟成させていきます。バカリャウは、熟成した魚の旨味と繊維質をしっかりと感じる肉質が特徴でクセになる味わいです。ポルトガルでバカリャウ料理は一年中でも尽きないくらいのレシピの数があるそうです。マルデクリスチアノでは、クリスチアノとはまた違ったバカリャウ料理の提供も致します。何といっても365種類以上ですから。せっかく違うお店があるのだから、違うものでも愉しんでいただきたいです。

ページトップへ

ベジタブルメニューの充実。

ポルトガルに渡航すると、ヴィーガンやベジタリアンのレストランが多くあることに驚かされます。
宗教観からの菜食主義の方が多いことが理由かと思いますが、レベルの高さに驚かされます。
そんなわけでマルデクリスチアノではベジタリアンメニューをたくさん用意いたしました。
食材は野菜だけではなく、干し豆腐やセイタン、豆やスパイスを駆使して、充分満足できる内容です。

ページトップへ

タパススタイル(PETISCOS)のこと。

ポルトガル式の小皿スタイル料理「 Petiscos(ペティシュコシュ)」。
あまり馴染みのない国の料理だから、いろいろ楽しめるようにしました。
あまり馴染みのない国の料理ということや、気軽に飲めるお店で色々なものを少しずつ楽しんでいただけるように考えて、マルデクリスチアノの料理同様、料理の多くはPetiscos(ペティシュコシュ)スタイルで提供することにいたしました。

ページトップへ

缶に詰めた料理。

マル・デ・クリスチアノでは魚や肉を詰め込んだ自家製の缶詰を作っています。ポルトガルでは魚の缶詰は日常食として、なじみ深い商品です。日本の缶詰の発祥は長崎。フランスから渡ってきたといわれていますが、ポルトガルはフランス同様、缶詰の消費量が多い国で、いろいろな食材の缶詰をたくさん販売しています。
当店では、レトルトをかけず、『ホットパック脱』を採用することにしました。
ホットパック脱は「賞味期限の短い新鮮な缶詰」です。中身にはまだ歯ごたえがあり香りがある状態の缶詰です。
圧力がゆ〜っっくりかかっているので、肉や魚の芯まで味わいが浸みこんでおいしいです。
当店外に向けては販売しません。このお店でしか食べられない缶詰です。缶詰調理の面白味を是非一度お試しください。

ページトップへ

メニューについて。

代表的な料理は、ポルトガル料理定番の『自家製干し鱈のクロケット』や『豚とアサリのアレンテージョ風』『ポルト定番の肉のサンドイッチフランセジーニャ』や『国産ひたし豆(緑豆)のサラダ』。
季節の食材もいろいろと使い、冬からは北陸のふっくら鱈で塩鱈をつくったり、北海道の脂がのった丸々太ったイワシの炭火焼が食べられたり、『バカリャウの卵焼き』や『ポルトガル風ポトフ』などの定番料理から、『子羊のグリルドハンバーグ』や『マグロのリエット』などの店主の定番レシピも取り入れています。
ワインは、80種類以上のポルトガルのスティルワインをはじめ、マデイラやポルトワインの他に、オリジナルのフレーバーウォーターやノンアルコールドリンクも多数取り揃えています。

ページトップへ